工業に関する法律

工業の仕事とその法律

トップ / 工業の仕事とその法律

世界をつなぎとめしもの

工業所有権法の逐条解説 

工業所有権法の逐条解説は特許庁の公式見解として、定期的に版を重ねて出版されています。弁理士試験には必須の教科書的な一冊であり、特許法、実用新案法、意匠法、商標法のそれぞれにつき、一条ごとに丁寧な解説が付いています。工業所有権法は知的財産分野で今後最も注目される分野を規律する法律であり、日本の経済の指針となる法律です。弁理士だけでなく、弁護士や特許にたずさわることになる医薬品メーカーや製造業のメーカーも必須となってきます。また、個人での発明もおもわぬ収益を上げることができる可能性があり、個人的に知っておくと便利な法律です。

産業財産権法の逐条解説の本 

産業財産権法(工業所有権法)とは、特許法、実用新案法、意匠法、商標法の総称を指し、知的財産分野として産業の発達に寄与している法律です。それぞれの法律について逐条解説している本は様々ありますが、なかでも特許庁から出版されている「工業所有権法逐条解説」という本は弁理士を目指す人にも多く使われており、弁理士試験では必須の本となっています。各条文の趣旨や、定義などが記載されています。また特許庁の公式見解でもあるため、発明をして特許を出願したいという人のためにも必要となってきます。ただ、特許法などは改正が多いので最新版を購入する必要があります。

工業女子の仕事情報

© Copyright 女性でもできる工業の仕事. All rights reserved.